<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.08 Sunday  | - | - | 

耳を超えて

[ - ]
 すっかり音楽ブログみたいになってきましたが、またしても、音楽についてです。

以前、ロンドンに住んでいた頃、アフリカから来た先生から、ドラム(ジャンべ)を習っていました。
体格が大きくて、手が大きく、ひらっべったくて、まさにドラムを叩くために生まれて来た男、っと言った感じの西アフリカ出身の先生でした。
その先生がよく語っていたことがあります。

「俺はこのクラスの他に、耳が不自由な人のクラスも受け持っているんだ。ドラムは耳だけじゃないんだよ。振動で伝わるから、身体で感じるものなんだ!」

音は振動なんですよね。どうやって、どういう風に響きを楽しむか?どうせなら、全身で感じたいものです♪

さて、何故、今さら、そんな話を書いたかと言いますと、最近、You Tubeで、さらにすごい話を見つけたからです。

K.ヤイリさんが、耳の不自由な方のためのギターを開発したニュース映像
http://www.youtube.com/watch?v=jS41F0uCCMw

私もヤイリさんのユーザーですが、すごく弾きやすくて、やさしい音がします。
良い楽器は、一本、一本丁寧に作られていてクラフトマンの愛情や情熱、想いが伝わってきますから。
そういう意味でも、音楽は、耳だけじゃなく、全身で、心で感じるものだと思います。



↑私のK.ヤイリのノクターンちゃん
2010.04.23 Friday 00:01 | comments(2) | - | 
<< 魂に響く音、ことば | main | 入荷情報 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.01.08 Sunday 00:01 | - | - | 
ゆたか (2010/04/23 3:37 AM)
ストラディバリの音がすばらしいのは、作った人の魂が入っているからだ、って聞いたことあります。
まゆ (2010/04/23 2:32 PM)
ストラディバリに関しては、さまざまな伝説があるよね。
ちょっと前にドキュメンタリー番組で見たりしたんだけど、
・当時の気候や環境に汚染されていない自然の恵み
・代々伝えられてきた弾き手(楽器は弾き込むことで音が良くなる)
・リペアマンによる技
等が、ストラディバリの職人技に重なって、今に至るようです。
こうなると、楽器はひとつの宇宙ですね。