<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.08 Sunday  | - | - | 

ムジクスとカントル

[ 雑談 ]
土曜日に『のだめカンタービレ 最終楽章』のテレビ番を見ました。

印象に残った言葉

 中世では、神の作った世界の調和を知るための学問が 天文学、幾何学、数論、音楽だったんだ。
音楽理論を熟知して、「理性の力によって作品全体に対し入念に音楽が判断できる人」 を「ムジクス」と言って、ただ音を歌ったり、演奏したりする人を「カントル」と言った。「カンタービレの語源だよ」 
by 千秋

私はムジクスからほど遠いけど、最近、ウクレレやギターの練習と一緒に音楽理論を少しづつ勉強して、なるほどなーっと思いました。

コードにしても、曲の構成にしても、基本的に、主となるものがあり、テンション(緊張)があり、解決がありますものねぇ。
難しいことは、深すぎて、まだまだ、分からないし、うまく言葉にできませんが、「調和」の中には、ドラマがあるんでしょうね ←簡略しすぎ

一方、心に感じたままに、気ままにカンタービレといのがあり、ムジクスは、カントルに翻弄され、カントルは、ムジクスによって刺激を受け、お互いに高めあうってストーリー、ほんと、良く出来てますね

あたりまえのことしか、書けなかったけど、「やっぱ、音楽は宇宙であり、調和だ!」っと、深く心に響きました。

さて、以前にブログに書きました、ミニーちゃんギターですが、毎週月曜日に教育テレビで放送されている野村のよっちゃんの「ロックギターに挑戦!」を見ながら、月曜の夜のひとときをミニーちゃんと一緒に過ごして楽しんでおります。
最終的にはCharの「Smoky」を目指すそうです。
ぢつは、はる〜か昔にこの曲が弾けたらいいなーっと思ったことがあり、譜面の掲載されたマニアックな雑誌を保管してあります(^_^;)


↑1978年『ヤングギター7月号』
Charさん、若いですねえ〜。
2010.04.19 Monday 20:32 | comments(0) | - | 
<< 祝!新システム導入 | main | 魂に響く音、ことば >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.01.08 Sunday 20:32 | - | - |